パソコン・インターネット

2009年7月16日 (木)

Firefoxの文字がきたない。

Windows xp上のFirefoxの画面上の文字が太さが安定していなくて読みづらいなと
思って早5年。
ひょんなことから、直し方が解かった。
Firefoxの設定ではなく、Windowsの設定だった。

1.デスクトップ上で右クリックし、プロパティを選択。
2.デザインタブをクリック。
3.効果のボタンを押下。
4.次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする。の選択ボックスを標準からClearTypeに変更
5.OKで閉じる。

これって常識なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

let's noteでキー入力がおかしくなる。

会社で突然iやuのキーを打つとiやuではなく、数字が入力されるようになった。
しかも画面ロック中でパスワードの入力を求められている状態でそうなってしまった
ので、ネットで調べることもできないし、悶々としていた。
1というランプがついていてそれがどうやら怪しいとにらんでいたが、どうやっても
1のランプが消えない。

ようやくどうやら、Fnキーといっしょにiやuを押すとちゃんとiやuが入力できると
わかり、ログインはできるようになった。
ネットでlet's noteでそういうエラーがあるか調べてもそれらしい記述はなかった。
それならばと、説明書をダウンロードして、ようやく1のランプの意味がわかった。

Numlock!!!

案の定Numlockを押下すると1のランプが消え、普通に入力できるようになった。
そういえば入社して一年目のときも、NumlockとScreenLockで苦しんだ覚えが。
プログラマになって、8年目も経とうというのに。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

家のマシン構成

私は2台のPCを持っている。

1台目 デスクトップ(自作)
モニタ  液晶AQUOS 37型
CPU    Athron 64x2 5200+
マザー GA-MA69GM-S2H
メモリ   samsung 2G
グラボ  ATI HD 2400pro
OS       Gentoo,Windows Vista

2台目 ノート FMV-BIBLO NE VII 23X
CPU    Pentium MMX 233MHz
メモリ   64M
OS       Debian

1台目は去年の夏に6万円ぐらいで自作したもの。
gentooは、カーネルの設定をシステムに合わせた最小構成でコンパイルし、
かつ、アプリは、Athron64x2指定でコンパイルしているせいか、全体の動作
がかなり速い。
電源を押してから、firefoxが立ちあがるまで、2分とかからない。
(パスワード入れる手間がなかったら、1分以内?)
仕事でいるかもしれないと思って購入したVistaはほとんど出番がない状態で、
確定申告のサイトなど、IEしか対応していないWebサイトを訪ずれるために使用。
きょうび、LinuxでもDVDは見れるわ、Flushは見れるわ、OpenOfficeでスプレッド
シートやワープロソフトには困らないわとこれがすべてフリーの環境だと思うと
なんて恵まれているんだろうと思う。

2台目は、10年前のモデルでなんと定価が40万8000円!!
それを弟が6年前にsofmapで10万円で購入したもの。
未だバリバリ現役。
普段はプリンタサーバだが、無線LANカードを挿しているため、寝ころんで、
ソース読んだり、webブラウジングするのにも使用している。
さすがに、xは重いので立ち上げていないが、カーネルのフレームバッファ
を使用して、jfbtermを実行しているので、コンソール上でも、日本語が表示、
入力できたり、さらにw3mのブラウジングで写真も表示できて、全然問題なし。
まあ、javascriptは対応していないんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

BIOSが立ち上がらない。

パソコンを再立ち上げしたら、BIOSがCPU表示で止まってしまった。
友達にあげると約束しているパソコンなので、困ったなーと思っていた。
冷静にいつもと違う個所をさがしてみたら、iPodがパソコンにつながったままだった。
iPodをUSBから抜いて再立ち上げすると、問題なく起動した。
ふー、やれやれ。
私のマザーボード特有のバグかもしれないので、一応記述。
GA-MA69GM-S2H

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年2月18日 (月)

windowsで必ず入れるフリーソフト

vim
究極のエディタ。emacsは至高?
お気に入り機能:syntaxカラー、補完,検索、置換、マルチウィンドウ、レジスタ、ビジュアルモードによるクリップボードコピー、整形、tagジャンプ etc.
必ず入れるplugin: taglist,Chalice,hown

fenrir
最速のアプリ起動ランチャー。
好きなキー(私はCtrl+q)で起動し、アプリ名の最初の文字の入力のみで呼びだしたアプリ起動。便利すぎ。

colinux

お気楽、極楽なlinux仮想環境。
ファイル切り変えるだけで簡単にLinuxの環境やバージョンを切り変えられるため、テストにも便利。

WinDeskWide
仮想ディスクトップで平行に仕事をしていても、タスク同士にデスクトップを分けることで、ごちゃごちゃしない。

AltIME
CtrlキーとCapsLockキーを入れ変えるため。
もう戻れません。vimでよく使うEscキーはCtrl+[で代用できるし。

電信8号
好きなエディタが使えるメーラー。
正規表現による受信フォルダの切り分けも便利。

AN HTTPD
本来はWebサーバだが、proxy機能もあり、専ら
私はproxy機能を使用。
colinuxとのネットワークと実際のネットワークとの架け橋をさせるため。

PopTray
メールチェッカー。タスクトレイに入るため、邪魔にならない。
英語なのが残念。本文も文字化けするが、タイトルは文字化けしないため、メールチェックには十分。

cygwin
基本的には、colinux上で済ませるが、grepとdiffをvimから使いたいため。

後、firefoxやteretermやffftpやrubyは定番すぎるため、割愛。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

RESTの意味が解りかけてきた。

RESTって何が嬉しいのかいまいち判っていなかった。 RESTの特徴にステートレスが挙げられるが、この ステートレスっていう用語が今いちピンと来ていなかった。

HTTPはそもそもステートレスだし。

と気になって、今日時間があったからネットで調べてみた。 yohei-y:weblog: ステートレスとは何か を読んで、始めてピンと来た。 ステートフルの例としては、mixi のトップページが挙げられる。

mixiのトップページのURLは誰もが、http://mixi.jp/home.pl である。ただ、アクセスする人によって、内容はまったく違う。

Aさんが開けば、Aさんの日記だし、Bさんが開けば、Bさんの日記だ。 なぜかと言えば、ログイン以降、自分のIDをURL以外の方法でサーバに 送っているからだ。

この利点はみんなが同じアドレスを使えるということが利点である。

ただ、この方法が好ましくない場合もある。

例えば、旅行のWebページがあるとする。

私が旅行の条件に料金や国を設定して、検索ボタンを押すと、 条件にあった結果画面が表示された。

一緒に旅行に行く友人に私が結果画面のURLを送って、友人は そのURLをアクセスするとエラーが表示された。

なぜなら、私が検索ボタンを押した時にどういう条件かをサーバに 送信したため、サーバはその条件に基づいて、結果画面を表示できる のに対し、友人は検索を行っていないため、どういう結果を表示したら いいのか解らないためだ。

このように検索状態→結果表示状態という2つの状態があり、いきなり 結果には行けないという仕組みがステートフルと呼ばれる

では、ステートレスはどうか?

私が旅行の条件に料金や国を設定して、検索ボタンを押すと、 条件にあった結果画面が表示されるまでは一緒だ。 ただし帰ってくるURLに検索条件の情報も含まれている。

(例)

ステートフルの場合の結果画面のURL

http://適当/kekka.html

ステートレスの場合の結果画面のURL

http://適当/kekka.html?country=india&max_cost=100000

(10万円の予算でインドに行くツアー)

このステートレスの場合、URLを友人に送ったとしても、 URLに検索情報が含まれているため、友人も検索せずに、いきなり 結果画面を見ることができる。

なるほど、そういうことかー。

ってリンク先のWebページを書いている人は、今読んでいる「RESTful Webサービス」 の監訳している山本 洋平さんだった。

この方の書いたREST入門 はめちゃくちゃ解りやすい。

残念ながら、本のほうは、3章のS3の解説で挫折中。

気になって、めくると1章から3章まではREST的なWebサービス の利用プログラムの実装 についてで、4章からようやくRESTの概説が始まっている。 普通は逆だと思うんですが、どういう意図があるのだろう? ともかくようやく判ってきたから、読みすすめられそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PHP,Ruby論争

Rubyの発案者である、まつもとゆきひろさんの日記に
「PHPがいかに駄目な言語か、という話」

がでたことから、Ruby VS PHPの論争が巻き起こっている。

「PHPなめんな」と「(Perl|Python|Ruby)をなめんな」の違い

多忙であるまつもとさんが丁寧に反論に対してコメントされている姿に感動。

これだけの論争になるっていうのは、やっぱり自分が手間暇かけて、学習した言語が落ち目になってたまるか!という気持ちの表れだろう。生活もかかってるし。

私も、Java->Perl->PHP->Rubyと変遷してきた。

Javaを離れた理由
メソッド呼び出す構文が長すぎ。
マシンを変えた場合の環境の移行が面倒。
XMLの設定が面倒

Perlから離れた理由
オブジェクトを作るのに無名ハッシュにblessっていう意味がよく解らず使っていた。
モジュールの最後に1を記述することに違和感を感じていた。
printでHTMLを出力していて、自分のコードでさえ見失うことがあった。

PHPから離れた理由
PHPに関して不満があったという訳ではなく、逆にHTMLに直接スクリプトを埋め込むだけでいいから、実行しなくても、レイアウトだけ見れたり便利だなと思っていた。ただいつかはMVCモデルを実践しないとと思いながら、ロジックとビューが一緒になっている気持ち悪さを感じていた。以前からRubyをシェルスクリプトがわりに使用していて、そこにRailsが一大旋風としてやってきて、それに乗っかかった。
Rubyに詳しくなれば、Webアプリ以外にも役立てるし。

勝手ながら、Railsがトランザクションやマルチスレッド対応になって、それが主流になってほしい。

もういい加減落ち着きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近よく耳にする単語

Restful………SOAPを使用せず,URLの表現によってリソースと呼ばれる情報単位を操作するWebサービス

agenda……… 予定

defer…………延期 

google先生… googleに敬愛を込めたいい方


Restfulは概念は難しいけど、実装は簡単。主流になると見た。

「agenda,deferは日本語でいいやん」といつも思うのに、職場ではそういう習わしみたいです。

google先生は、始めて耳にした時も違和感がなかった。なんでも知ってるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)