« MasterRecord: Object Mapper for CSV TSV YAML | トップページ | Node.js + WebSocket + Backbone.jsのすすめ »

2012年3月 7日 (水)

第1回 渋谷Edge Rails勉強会×株式会社ドリコム事例発表 + heroku de rails事例発表

しばらくRailsから離れてJavaを使って仕事をしていたが、次のプロジェクト
ではひょっとしたらRailsを使うかもということで、久し振りにRuby関係の勉強会
に参加

herokuでRails3.2

heroku上で一晩でWe love heroku というサイトを作成した話。

一晩でこのクオリティ!!

Railsのscaffoldbootstrap(Twitter社製のデザインが得意でない人向け
CSSフレームワーク)を使用とのこと。

heroku社の人曰く、実際にUSのheroku社でも話題にのぼったそう。

scaffoldは初心者向けの餌だと思っていた時期が私にもありました。。

twitter bootstrap railsを使ったら職が見つかり彼女も出来て背も3センチ伸びました。
の記事といい、@ppworksさんの突如あらわれた彗星感はぱないっす。

Rails 3.2ってどう変わるの?

主な変更点は、

  1. 開発モードのパフォーマンスが3倍よくなった
  2. 遅いクエリがあった場合は自動でExplain結果がログに出力されるようになった
  3. ログにタグをつけれるようになり、後で追いやすくなった。

その他は、マイナーな変更。そこもきっちり説明しきれるところはさすが@onkさん。

@onkさんの一押しはrake routesが見やすくなったところ。

私は、consoleにpryが設定できるようになったことに感動しました。
早くrails consoleで、lsやcdを使ったり、カラーリングされたデータを見てみたいものです。

@onkさんはこの発表前に3000を越えるcommitをチェックしたという。

スゴイ。

Rails(Rubyも?)わずか3年でここまでいくとは。。。

というか逆にそこまでしているからすごいんですね。

勉強になりました。

MongoDB使わないんですかと尋ねたら、上手にデータ設計するまで2~3作
かかるだろうから、今はその余裕はないなとおっしゃっていた。
スルドイ。

ソーシャルアプリで使うjpmobileとガラケーからスマホへの対応

jpmobileがあれば、smartphoneも簡単に対応できるよという話。
どうすればいいかは、
Ruby on Rails 3で作る-jpmobileによるモバイルサイト構築

を読めということでした。
ガラケー用のソーシャルアプリのスマートフォン対応は、flashの
置き換えの工数のほうが全然大変だそうです。

まとめ

なんか、スライド終わりってなったら、実はまだ続きがあるっていう手法は
ドリコムで流行っているんでしょうか?
フリーフード、フリードリンクって40名から240名に増えたこともあって期待して
いなかったんですが、フードは瞬殺でしたが、ドリンクは豊富にありました。
調子にのって缶ビール3本もいただきました。
hatchupさん、GMOさん、ドリコムさんありがとうございました。
発表のレベルが高く、次回以降も楽しみです。

|

« MasterRecord: Object Mapper for CSV TSV YAML | トップページ | Node.js + WebSocket + Backbone.jsのすすめ »

ruby」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68673/54166575

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 渋谷Edge Rails勉強会×株式会社ドリコム事例発表 + heroku de rails事例発表:

« MasterRecord: Object Mapper for CSV TSV YAML | トップページ | Node.js + WebSocket + Backbone.jsのすすめ »