« LinuxでchrootによるJail環境を構築2 | トップページ | webページをproxyしてくれるwebアプリのソース »

2010年8月 8日 (日)

iPhoneのsafariで文字化けしているサイトを読めるようにする

iPhoneのsafariは文字のエンコーディングを指定できることができないので、
文字化けしたサイトを簡単に読めるようにすることができない。
そこで、以前Google App Engineで作ったWeb proxyを活用することを
思いついた。webページをproxyしてくれるwebアプリ
iPhoneで下記サイトにアクセスし、URL:となっているtextboxに文字化けした
URLを記述し、displayボタンを押下。
webappproxy

ちょっとフォーマットが変わるが、うまくいった。
文字化けするWebページ
1
webappproxy適用後
Photo

|

« LinuxでchrootによるJail環境を構築2 | トップページ | webページをproxyしてくれるwebアプリのソース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのsafariで文字化けしているサイトを読めるようにする:

« LinuxでchrootによるJail環境を構築2 | トップページ | webページをproxyしてくれるwebアプリのソース »