« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月28日 (火)

VIMでマッチしているHTMLタグやrubyの対応するdo endにカーソルを移動させる。

VIMでよく知られている機能にノーマル・モード時に%を入力すると対になった()や{},[]の間をカーソルがjumpできる機能がある。
ただ、この機能はrubyのdo~endやHTMLの<div></div>のようなタグには対応していない。そこで便利なのがmatchit.vimというプラグイン。
実際:help %とヘルプを出すと、下記のように本家本元のヘルプにも記述されているぐらいのお墨つきのプラグインなのだ。
For other items the matchit plugin can be used, see
            |matchit-install|.

matchit.vimのインストール方法

  1. http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=39 から最新のmatchit.zipをダウンロード
  2. 1.でダウンロードしたzipファイルを展開し、展開してできたdocとpluginのディレクトリをVIMをインストールしたディレクトリの配下にあるruntimeというディレクトリ(vim上で:echo %VIMRUNTIMEで表示されるパス)の下にコピー(docとpluginというディレクトリはすでにあるので、そのディレクトリに対して上書きコピー)
    以上

もしヘルプファイルを更新する場合は、vim上で下記のコマンドを実行
:helptags $VIMRUNTIME/doc

HTMLやRubyだけでなく、LaTeX, Lua,Vimスクリプト、VBスクリプト
にも対応しているらしく、初めてmatchitをインストールした人は絶対
「おぉー」て感動するはず。
ただ、欠点もあって、拡張子が.htmlのファイルの中のJavaScriptの{}、()の
%の対応が効かなくなる。拡張子が.jsの場合は問題ないのだが。
おそらく拡張子によって、マッチングさせるキーワードを変更しているのだろう。

2009.08.25 追記
machit.vimはVim6.0以上は最初から添付されているので、わざわざ上記の
URLから取ってきてインストールする必要はない。
.vimrc等に
source $VIMRUNTIME/macros/matchit.vim
の記述をすれば、OK

!注意 
vimrcに記述せず、:source $VIMRUNTIME/macros/matchit.vim
を実行した場合は、今開いているバッファに対しては有効にならないため、
:eなどで再度ファイルを読み込みなおす必要がある。

また、最初から添付されているmatchit.vimの場合は拡張子がhtmlでも
JavaScriptの(),{}等の移動がサポートされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

Javaの型変換

恥ずかしながら、今更Javaを一から勉強中。
今日は型変換について。

double型にint型の計算結果を代入(1)

 class Test {
  public static void main(String[] args){
    double c;
    int a=2,b=1;
    c=b/a;
    System.out.printf("c=%f\n",c);
  }
}

結果
c=0.000000

double型にint型の計算結果を代入(2)

 class Test {
  public static void main(String[] args){
    double c;
    int a=2,b=1;
    c=(double)b/a;
    System.out.printf("c=%f\n",c);
  }
}

結果
c=0.500000

double型にint型の計算結果を代入(3)

 class Test {
  public static void main(String[] args){
    double c;
    int a=2,b=1;
    c=(double)(b/a);
    System.out.printf("c=%f\n",c);
  }
}

結果
c=0.000000

int型にdouble型の計算結果を代入(1)

 class Test {
  public static void main(String[] args){
    int c;
    double a=2.0,b=1.0;
    c=b/a;
    System.out.printf("c=%d\n",c);
  }
}

結果
Test.java:5: 精度が落ちている可能性
検出値  : double
期待値  : int
    c=b/a;
   ^

int型にdouble型の計算結果を代入(2)

 class Test {
  public static void main(String[] args){
    int c;
    double a=2.0,b=1.0;
    c=(int)b/a;
    System.out.printf("c=%d\n",c);
  }
}

結果
Test.java:5: 精度が落ちている可能性
検出値  : double
期待値  : int
    c=(int)b/a;
            ^

int型にdouble型の計算結果を代入(3)

 class Test {
  public static void main(String[] args){
    int c;
    double a=2.0,b=1.0;
    c=(int)(b/a);
    System.out.printf("c=%d\n",c);
  }
}

結果
c=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

Firefoxの文字がきたない。

Windows xp上のFirefoxの画面上の文字が太さが安定していなくて読みづらいなと
思って早5年。
ひょんなことから、直し方が解かった。
Firefoxの設定ではなく、Windowsの設定だった。

1.デスクトップ上で右クリックし、プロパティを選択。
2.デザインタブをクリック。
3.効果のボタンを押下。
4.次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする。の選択ボックスを標準からClearTypeに変更
5.OKで閉じる。

これって常識なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »