« vimの矩形選択を便利にする | トップページ | WindowsでSelenium RC + Rspec »

2009年6月 4日 (木)

windowsでるりまのrefeをrefe.vimで使う

windowsでるりまの最新のrefeを使おうと
するとまず、unknown database scheme: cのエラーがでる。
滝谷日記さんのおかげで-dの後にfile://をつけることで解決する。だが、まだ難所が続く。コマンドプロンプト上でのrefeはおかげで動くようになったのだが、vim上の:Refe実行では、`fork': fork() function is unimplemented on this machine (NotImplementedError)
のエラー。
refe.vimの91行目
let option = '-s'

   ↓

let option = ''

にすることで一応解決
ちなみにlookupfileも無効にしたほうがいいため、
refe.vimの45行目

let g:RefeUseLookupFile = 1

   ↓

let g:RefeUseLookupFile = 0

にするほうが断然おすすめ。
-sがないせいか、ちょっと遅く感じるが、仕方ないか。

|

« vimの矩形選択を便利にする | トップページ | WindowsでSelenium RC + Rspec »

vim」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68673/45235041

この記事へのトラックバック一覧です: windowsでるりまのrefeをrefe.vimで使う:

« vimの矩形選択を便利にする | トップページ | WindowsでSelenium RC + Rspec »