« windowsのgvimの設定 | トップページ | makeがエラー »

2008年2月18日 (月)

windowsで必ず入れるフリーソフト

vim
究極のエディタ。emacsは至高?
お気に入り機能:syntaxカラー、補完,検索、置換、マルチウィンドウ、レジスタ、ビジュアルモードによるクリップボードコピー、整形、tagジャンプ etc.
必ず入れるplugin: taglist,Chalice,hown

fenrir
最速のアプリ起動ランチャー。
好きなキー(私はCtrl+q)で起動し、アプリ名の最初の文字の入力のみで呼びだしたアプリ起動。便利すぎ。

colinux

お気楽、極楽なlinux仮想環境。
ファイル切り変えるだけで簡単にLinuxの環境やバージョンを切り変えられるため、テストにも便利。

WinDeskWide
仮想ディスクトップで平行に仕事をしていても、タスク同士にデスクトップを分けることで、ごちゃごちゃしない。

AltIME
CtrlキーとCapsLockキーを入れ変えるため。
もう戻れません。vimでよく使うEscキーはCtrl+[で代用できるし。

電信8号
好きなエディタが使えるメーラー。
正規表現による受信フォルダの切り分けも便利。

AN HTTPD
本来はWebサーバだが、proxy機能もあり、専ら
私はproxy機能を使用。
colinuxとのネットワークと実際のネットワークとの架け橋をさせるため。

PopTray
メールチェッカー。タスクトレイに入るため、邪魔にならない。
英語なのが残念。本文も文字化けするが、タイトルは文字化けしないため、メールチェックには十分。

cygwin
基本的には、colinux上で済ませるが、grepとdiffをvimから使いたいため。

後、firefoxやteretermやffftpやrubyは定番すぎるため、割愛。

|

« windowsのgvimの設定 | トップページ | makeがエラー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68673/40173847

この記事へのトラックバック一覧です: windowsで必ず入れるフリーソフト:

« windowsのgvimの設定 | トップページ | makeがエラー »